30歳平均年収で比較する年収ランキング

日本の上場企業が公表する平均年収から30歳時平均年収を推算して比較するサイトです。業種・業界別年収ランキングに加え、都道府県別、企業規模別、設立年数別など、就職先を目的別に検索できるよう分類しています。

各企業が公表している「平均年収」は平均年齢が異なることから単純に比較はできません。(平均年齢が高い企業の方が平均年収が高い場合が多い)そこで、同一年齢基準で平均年収を推算する処理が必要となりますが、当サイトでは、国の統計資料に基づく日本企業の賃金カーブを用いて、各企業の30歳平均年収を算出し、ランキングを行っています。

主要企業の平年収と平均年齢の分布

30歳時平均年収ランキング

年収・給与に関連する情報

30歳時年収の算出方法

当サイトにおける各企業の30歳時平均年収は、次のようなプロセスで算出しています。

30歳時平均年収の算出方法

日本の企業の賃金構造は、通常、年齢や勤続年数が上がると給与額が増加する年功序列の要素が強く、これをグラフで表すと右肩上がりの曲線(賃金カーブ)を描くことが分かります。
そこで、国内最大級の賃金調査である「賃金構造基本統計調査(厚生労働省が毎年実施)」の統計データ等を利用して、業種別・企業規模別の賃金カーブを導き出し、その賃金カーブを利用して各企業の公表平均年収を基準に企業別賃金カーブを導きだして30歳時平均年収を算出しています。
[注]30歳時平均年収は、各企業の公表平均年収と国の統計データによって機械的に算出した数値であり、企業に調査・確認したものではありません。各企業の賃金制度によっては、実態との誤差が大きくなることを予めご了承ください。

各企業の公表平均年収

各企業の公表平均年収は、EDINET※で開示されている各企業の有価証券報告書に記載されている数値を使用しています。
※EDINETとは、金融庁から行政サービスの一環として提供されている『金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム』です。

企業が株式市場に上場するためには、それぞれの証券取引所が定める一定の審査基準をクリアする必要があります。その審査基準は、企業の継続性及び収益性、企業経営の健全性、企業の内部管理体制の整備状況などが良好であることが求められることから、就職先として上場企業を優先的に検討することは効率的な就職活動を進めるために望ましいことでしょう。 ただし、上場していても「ブラック企業」と呼ばれる企業もありますので、しっかり企業研究はしたいところです。