ホーム >

30歳平均年収ランキング

上場企業が毎年公開している有価証券報告書には平均年収が掲載されていますが、その金額で単純に他社と比較することはできません。 なぜなら、各企業の平均年齢は異なるので、一般的には平均年齢が高い企業ほど平均年収が高くなる傾向があるからです。 そこで、各企業が公開している平均年収を30歳時点に換算したうえでランキングを行いました。

掲載企業数

3339社 (内詳細情報あり1075社)

更新情報

2016.07.22 鴻池運輸 追加
2016.07.21 日本コンピュータ・ダイナミクス 追加
2016.07.21 積水化成品工業 追加
2016.07.21 島忠 追加
2016.07.21 東洋ビジネスエンジニアリング 追加
2016.07.21 ぴあ 追加
2016.07.21 北國銀行 追加
2016.07.21 萩原工業 追加

年収ランキング第1位は・・・

栄えある第1位は、キーエンスでした。

電子応用機器の製造・販売を主たる事業とする東証1部上場の会社です。
キーエンスの年収水準は製造業の中でも飛びぬけて高い水準ですが、その理由は、日本でも有数の高収益企業(売上高ではなく儲けが多い)であることと、その儲けの1割程度を給与で社員に還元する人事政策を取り入れているからです。社員が頑張って成績を上げれば給与で報われるという好循環がうまく機能しているのでしょう。


第2位は・・・

フジテレビジョンでした。

テレビ局社員も高給取りが多く、朝日放送(第4位)や日本テレビ放送網(第5位)も上位にランクインしています。テレビ局の平均年収が高い理由として、テレビ放送が国の免許制であることからライバル企業の少なく、多額の広告料を分け合うことができることにあるようです。


第3位は・・・

日本M&Aセンターでした。

仕事内容はM&Aコンサルタント(営業)となりますが、社内の支援チームとして公認会計士、税理士も在籍しています。従業員160人のプロフェッショナル集団です。

そして、ここから総合商社が登場します。

第6位 伊藤忠商事
第8位 三菱商事
第9位 三井物産
第13位 住友商事
第17位 丸紅

「商社マン=高給」というイメージがありますが、イメージどおり五大商社がランキング上位に登場しました。では、なぜ総合商社の平均年収は高いのでしょう。口コミでは、その激務ぶりがしばしば取りざたされますが、一つの要因としては否定でません。つまり長時間労働による手当がかなりの収入アップにつながっていると思われます。毎日、ほぼ定時で帰宅することができる人と毎日終電近くまで仕事をせざるを得ない人では、年収水準が違って当然です。労働時間だけでも1.5倍前後異なるわけですから。

30歳平均年収ランキング
順位 社名 年収
(万円)
業種
1
キーエンス
1,235 電気機器業
2
フジテレビジョン
1,151 情報・通信業
3
日本M&Aセンター
1,084 サービス業
4
朝日放送
990 情報・通信業
5
日本テレビ放送網
976 情報・通信業
6
伊藤忠商事
958 卸売業
7
テレビ朝日ホールディングス
956 情報・通信業
8
三菱商事
948 卸売業
9
三井物産
923 卸売業
10
シグマクシス
916 サービス業
11
朝日新聞社
910 その他製品製造業
12
東京海上ホールディングス
908 保険業
13
住友商事
907 卸売業
14
電通
897 サービス業
15
テレビ東京
895 情報・通信業
16
日本経済新聞社
877 その他製品製造業
17
丸紅
862 卸売業
18
商船三井
855 海運業
19
ソフトバンク
830 情報・通信業
20
JXホールディングス
827 石油・石炭製品業
21
損保ジャパン日本興亜ホールディングス
820 保険業
22
三菱地所
818 不動産業
23
中部日本放送
813 情報・通信業
24
野村総合研究所
809 情報・通信業
25
吉本興業
808 サービス業
26
プレサンスコーポレーション
802 不動産業
27
日本郵船
796 海運業
27
東京汽船
796 倉庫・運輸関連業
27
RKB毎日放送
796 情報・通信業
30
飯野海運
791 海運業
31
テレビ東京ホールディングス
788 情報・通信業
31
日本政策投資銀行(dbj)
788 その他金融業
33
富士フイルムホールディングス
781 化学工業
34
博報堂DYホールディングス
771 サービス業
35
サントリー食品インターナショナル
763 食品業
36
双日
752 卸売業
37
リサ・パートナーズ
749 不動産業
37
三井不動産
749 不動産業
39
日本エスリード
740 不動産業
40
ファナック
739 電気機器業
41
アステラス製薬
737 医薬品業
42
川崎汽船
735 海運業
43
武田薬品工業
733 医薬品業
43
エーザイ
733 医薬品業
45
第一三共
732 医薬品業
46
MS&ADインシュアランスグループホールディングス
731 保険業
47
任天堂
730 その他製品製造業
48
野村證券
729 証券業、商品先物取引業
48
シンプレクス
729 情報・通信業
50
豊田通商
728 卸売業
51
東急不動産
718 不動産業
52
JX日鉱日石エネルギー
716 石油・石炭製品業
53
日本オラクル
709 情報・通信業
54
WOWOW
708 情報・通信業
55
グリー
707 情報・通信業
56
千代田化工建設
706 建設業
57
セガサミーホールディングス
698 機械工業
58
三井海洋開発
697 機械工業
59
サンケイビル
696 不動産業
60
NSユナイテッド海運
695 海運業
60
ヤマトホールディングス
695 陸運業
62
国際石油開発帝石(INPEX)
693 鉱業
63
生化学工業
686 医薬品業
64
全日本空輸
685 空運業界
65
ディー・エヌ・エー
683 サービス業
65
エムスリー
683 サービス業
65
昭和シェル石油
683 石油・石炭製品業
68
サイバーエージェント
682 サービス業
68
ジャフコ
682 証券業、商品先物取引業
70
首都高速道路
675 倉庫・運輸関連業
71
日清製粉グループ本社
671 食品業
71
バンダイ
671 卸売業
73
川崎近海汽船
669 海運業
73
オープンハウス
669 不動産業
73
中外製薬
669 医薬品業
76
ビーピー・カストロール
667 石油・石炭製品業
76
ANAホールディングス 旧:全日本空輸
667 空運業界
78
レーザーテック
666 電気機器業
79
大和証券
664 証券業、商品先物取引業
80
バンダイナムコホールディングス
663 その他製品製造業
80
KDDI
663 情報・通信業
82
三菱倉庫
661 倉庫・運輸関連業
82
味の素
661 食品業
84
長瀬産業
660 卸売業
85
大和証券キャピタル・マーケッツ
658 証券業、商品先物取引業
85
サントリー酒類
658 食品業
85
日本製紙グループ本社
658 パルプ・紙工業
88
クックパッド
656 サービス業
88
東燃ゼネラル石油
656 石油・石炭製品業
90
東宝
655 情報・通信業
90
岩谷産業
655 卸売業
92
阪和興業
654 卸売業
92
石油資源開発(japex)
654 鉱業
94
キリンビール
653 食品業
94
三菱総合研究所(三菱総研)
653 情報・通信業
96
日清食品ホールディングス
652 食品業
96
東京建物
652 不動産業
96
エックスネット
652 情報・通信業
99
近鉄エクスプレス
651 倉庫・運輸関連業
99
三洋貿易
651 卸売業

業種・業界別年収ランキング

証券コード協議会の定める業種区分に基づき企業を分類してランキングを行いました。
あなたが転職・就職を考えている業界で平均年収の高い企業を簡単に確認することあができます。


都道府県別年収ランキング

本社所在地に基づき企業を分類してランキングを行いました。
住宅費をはじめとした物価は、地方よりも東京の方が高く、必然的に生活費は、東京の方が余計にかかります。このことから、企業の給与水準は生活費に連動する形で設計される傾向にありるので、都道府県別のランキングを確認することは重要です。


企業規模別年収ランキング

従業員数に基づき企業を分類してランキング行いました。
大企業で働く場合は、仕事内容はスケールが大きく、グローバルな視点が求められるでしょう。一方、規模の小さな企業では、若いうちから責任のある仕事を任され、苦労は多いが、大きなヤリガイを感じることができます。どちらの環境を選ぶかは、それぞれの職業観によるでしょう。


年収1,000万円特集

サラリーマンにとっては一つの目標とされる年収1,000万円は、どのようにしたら達成できるのか? 40歳で平均年収1,000万円以上に到達する会社、役職や職種など、年収1000万円をキーワードに情報を掲載しています。


統計情報

サラリーマンの年収は世間相場でどれくらいなのだろうか?
それを知るための最も信頼できる情報として国の統計資料があります。 ここでは、統計データをわかり易く整理して掲載しています。


年収偏差値

あなたの年収は、偏差値で表すとどれくらいなのか?約50万人以上の賃金データを集約した統計資料を用いて年収偏差値を即座に算定します。


業種・業界別年収ランキング
水産・農林業 /  鉱業業 /  建設業 /  食品業 /  繊維製品業 /  パルプ・紙業 /  化学業 /  医薬品業 /  石油・石炭製品業 /  ゴム製品業 /  ガラス・土石製品業 /  鉄鋼業 /  非鉄金属業 /  金属製品業 /  機械業 /  電気機器業 /  輸送用機器業 /  精密機器業 /  その他製品業 /  電気・ガス業 /  陸運業 /  海運業 /  空運業 /  倉庫・運輸関連業 /  情報・通信業 /  卸売業 /  小売業 /  銀行業 /  証券業 /  保険業 /  その他金融業 /  不動産業 /  サービス業 / 
都道府県別年収ランキング
企業規模別年収ランキング
40歳で年収1000万円の企業
年齢別平均年収・給与(統計情報に基づく)
年収偏差値チェッカー