HOME > 小売業 年収ランキング > ファーストリテイリング

ファーストリテイリングの30歳時年収:701万円 年収偏差値:94.9 年収ランキング:1位

(更新年月日:2022/8/21)
就職・転職先を選ぶときに重視するポイントは人それぞれだとは思いますが、最低限、世間相場の年収水準は望みたいところです。ファーストリテイリングの年収情報は様々なサイトで掲載されていますが、多くの場合、他社や世間相場と比べて高いのか低いのか判断でません。
そこで当サイトでは、厚生労働省の統計情報等を利用した独自の方法で、ファーストリテイリングの公表平均年収を解析し、ファーストリテイリングの年収水準を直感的に理解できるよう、年齢別平均年収、年収偏差値、業界内年収ランキングを算出することにしました。

企業データ

  • 社名:ファーストリテイリング
  • ヨミ:カブシキガイシャファーストリテイリング
  • 英字:FAST RETAILING CO., LTD.
  • 業種:小売業
  • 設立年:1963年
  • URL:http://www.fastretailing.com/

公表平均年収の推移

ファーストリテイリングの平均年収は、会社が公表している有価証券報告書を閲覧すれば確認することができます。先ずは、その公表平均年収の推移から見てみましょう。

平均年収の推移

2017年08月 791万円(37.4歳・1,166人)
2018年08月 877万円(38.1歳・1,345人)
2019年08月 900万円(38.3歳・1,389人)
2020年08月 901万円(37.8歳・1,589人)
2021年08月 963万円(37.7歳・1,617人)

※カッコ内は平均年齢・従業員数。

過去5年間における平均では、
年収886万円、年齢37.9歳となります。
スポンサードリンク

平均年収の推移と併せて、平均年齢や従業員数の推移も観察してみましょう。吸収合併や人員整理があれば、何か変化がみえるはず。経営構造の大きな変化は、その理由を確認しておくことは重要です。

小売業に属する企業の平均年収の分布

次に、上記で算出した過去平均の年収886万円、年齢37.9歳 を同業他社と比較するために、平均年収と平均年齢の散布図で各企業の数値をプロットしてみると次のようなグラフになります。

小売業界でのファーストリテイリングの公表平均年収

上場企業 小売業の平均年収は483万円、平均年齢は38.6歳です。

年齢別平均年収を推計する

では、上記過去平均の数値をベースに、国の統計データに基づく賃金傾向を利用して年齢別平均年収を推計することにします。

ファーストリテイリングの年齢別平均年収(単位:万円)
年齢年収月収賞与
30歳70148.6116.7
31歳72350.2120.4
32歳74551.7124.1
33歳76852.8134.3
34歳79154.3138.4
35歳81556.0142.6
36歳83957.6146.8
37歳86259.2150.8
38歳88960.6161.3
39歳91762.5166.4
40歳94664.5171.6
41歳97466.4176.7
42歳100268.3181.8
43歳102869.3196.0
44歳105170.8200.4
45歳107372.3204.6
46歳109673.9209.0
47歳111975.4213.4
48歳113575.5228.1
49歳114876.4230.7
50歳116177.2233.4

変換方法は国の統計データに基づく年齢別の賃金増加傾向を当てはめることにします。厚生労働省が毎年実施する「賃金構造基本統計調査」の結果を利用し、雇用形態、業界、企業規模別の賃金傾向からファーストリテイリングの年齢別平均年収を算出しました。


上場企業内の年収ランキングを見る

年収ランキングを行うには、他社と年齢基準を統一して比較する必要があります。当サイトでは、上記で算出した30歳時点での推計平均年収701万円を基準として、上場企業内でのランキングを行っています。

上場企業 年収ランキング

第1位
小売業の上場企業298社を対象とした30歳時年収ランキングは第1位でした。
小売業界の年収階級別企業数分布

グラフは、各企業の30歳時平均年収を25万円単位で区切ってグループ化した場合の企業数を表しています。

同業ライバル企業の30歳時年収

年収水準を偏差値で確認する

ファーストリテイリングの年収水準は高いのか低いのか。これを判断するには、比較するグループ内での位置づけを調べる必要があります。このための指標として、年収偏差値を算出しました。

ファーストリテイリングの年収偏差値

職場環境

従業員に占める女性割合は70%(正社員) 管理職に占める女性割合は38.4% 平均残業時間は17.1時間(対象正社員)有給休暇取得率は60%(正社員) (データ集計2020年8月時点)

残業削減対策

・フレックス勤務、在宅勤務等柔軟な働き方を可能にする制度の導入 ・RPA等のITを活用した業務の効率化 ・出退勤打刻を徹底により、残業時間の管理・監督を強化 ・長時間労働を慢性的に行っている従業員とその上司に、人事部が複数回面談し、長時間労働の解消に向けた取り組みを実施 ・従業員に支給しているスマートフォンに、出退勤打刻用アプリケーションを導入し、勤務時間が1日の所定労働時間を超えると、退勤を促すアラートを表示 ・各部署から働き方改革リーダーをアサインし各施策の浸透を全社一丸となって推進 ・「働き方に関するアンケート」を実施。課題に対して、各部門で業務改善を実行

女性の活躍推進企業データベースオープンデータ(2020年11月27日時点)(https://positive-ryouritsu.mhlw.go.jp/positivedb/opendata/)を加工して作成

業種・業界別年収ランキング
都道府県別年収ランキング
企業規模別年収ランキング
設立年数別年収ランキング
年齢別平均年収・給与(統計情報に基づく)
年収偏差値チェッカー
注目の企業
アサヒビール 年収伊藤忠商事 年収丸紅 年収豊田通商 年収西華産業 年収三井物産 年収ニトリホールディングス 年収スターバックス コーヒー ジャパン 年収三菱UFJ銀行 年収みずほ銀行 年収