HOME > 鉱業 年収ランキング > 石油資源開発(japex)

石油資源開発(japex)の年収偏差値:57.4 年収ランキング:2位

(更新年月日:2020/12/28)
石油資源開発(japex)の平均年収は、公表されている有価証券報告書を確認すれば容易に知ることができますが、他企業と平均年齢が異なるので単純に比較することができません。
そこで当サイトでは、国の統計データ等を利用した独自の方法で公表平均年収を分析し、石油資源開発(japex)の年収水準を直感的に理解できる3つの指標を算出することにしました。

企業データ

  • 社名:石油資源開発(japex)
  • ヨミ:セキユシゲンカイハツカブシキガイシャ
  • 英字:Japan Petroleum Exploration Co., Ltd.
  • 業種:鉱業
  • 設立年:1970年
  • URL:http://www.japex.co.jp/

公表平均年収の推移

石油資源開発(japex)の平均年収は、会社が公表している有価証券報告書を閲覧すれば確認することができます。先ずは、その公表平均年収の推移から見てみましょう。

平均年収の推移

2016年03月 825万円(40.0歳・902人)
2017年03月 811万円(39.6歳・897人)
2018年03月 806万円(40.7歳・920人)
2019年03月 837万円(40.5歳・904人)
2020年03月 867万円(40.9歳・919人)

※カッコ内は平均年齢・従業員数。

過去5年間における平均では、
年収829万円、年齢40.3歳となります。
スポンサードリンク

平均年収は、企業の業績や人事給与制度の改定など様々な要素で増減するので、直近の金額だけで判断するのではなく過去の金額も確認することが重要です。

鉱業に属する企業の平均年収の分布

次に、上記で算出した過去平均の年収829万円、年齢40.3歳 を同業他社と比較するために、平均年収と平均年齢の散布図で各企業の数値をプロットしてみると次のようなグラフになります。

鉱業界での石油資源開発(japex)の公表平均年収

上場企業 鉱業の平均年収は794万円、平均年齢は41.3歳です。

年齢別平均年収を推計する

では、上記過去平均の数値をベースに、国の統計データに基づく賃金傾向を利用して年齢別平均年収を推計することにします。

石油資源開発(japex)の年齢別平均年収(単位:万円)
年齢年収月収賞与
30歳65445.4108.9
31歳67246.6111.9
32歳68947.8114.7
33歳70748.6123.7
34歳72449.7126.6
35歳74150.9129.6
36歳75852.1132.6
37歳77653.3135.7
38歳79254.0143.7
39歳80855.1146.6
40歳82456.2149.5
41歳84057.2152.4
42歳85658.3155.3
43歳87058.6165.9
44歳88259.4168.2
45歳89460.2170.5
46歳90661.0172.8
47歳91861.9175.1
48歳92661.6186.1
49歳93262.0187.3
50歳93762.3188.3

日本の企業の給与は、通常、年齢が高くなるごとに右肩あがりで金額が増加する傾向があります。この傾向を日本最大級の賃金調査である「賃金構造基本統計調査」(厚生労働省)を用いて業種別に割り出し、石油資源開発(japex)の平均年収と平均年齢を基準に年齢別平均年収を算出しました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

上場企業内の年収ランキングを見る

年収ランキングを行うには、他社と年齢基準を統一して比較する必要があります。当サイトでは、上記で算出した30歳時点での推計平均年収654万円を基準として、上場企業内でのランキングを行っています。

上場企業 年収ランキング

第2位
鉱業の上場企業5社を対象とした30歳時年収ランキングは第2位でした。
鉱業界の年収階級別企業数分布

グラフは、各企業の30歳時平均年収を25万円単位で区切ってグループ化した場合の企業数を表しています。

スポンサードリンク

同業ライバル企業の30歳時年収

年収水準を偏差値で確認する

石油資源開発(japex)の年収水準は高いのか低いのか。これを判断するには、比較するグループ内での位置づけを調べる必要があります。このための指標として、年収偏差値を算出しました。

石油資源開発(japex)の年収偏差値

職場環境

従業員に占める女性割合は17.2%(正社員) 管理職に占める女性割合は5.2% 平均残業時間は15.1時間(対象正社員)有給休暇取得率は74.2%(正社員) (データ集計2020年3月時点)

残業削減対策

・「夏のワークスタイルキャンペーン」と題し、毎年新しい働き方を試験導入し、効果の高い施策を本導入し改革を推進。具体的には、フレックスタイム制度や、毎週金曜日のコアタイムの廃止などを導入 ・全社的な時間外労働削減の数値目標を設定し、毎週水曜日「早帰りDay(18時)」と役員持ち回りによる従業員の帰宅誘導を実施 ・時間外労働の多い部署に対して毎月ヒヤリングを行い、時間外縮減のための施策を協議 ・タイムマネジメント意識向上のためのワークスタイル変革キャンペーン(「労働生産性向上コンテスト」)を実施 ・19時消灯

女性の活躍推進企業データベースオープンデータ(2020年11月27日時点)(https://positive-ryouritsu.mhlw.go.jp/positivedb/opendata/)を加工して作成

スポンサードリンク

業種・業界別年収ランキング
都道府県別年収ランキング
企業規模別年収ランキング
設立年数別年収ランキング
年齢別平均年収・給与(統計情報に基づく)
年収偏差値チェッカー
注目の企業
森ビル 年収日本政策投資銀行(dbj) 年収フジテレビジョン 年収クックパッド 年収日本政策金融公庫 年収三菱UFJモルガン・スタンレー証券 旧:三菱UFJ証券 年収アサヒビール 年収オープンハウス 年収 年収 年収