HOME > 空運業界 年収ランキング > ANA(全日本空輸)

ANA(全日本空輸)の年収水準を直感的に理解できる3つの指標

ANA(全日本空輸)の平均年収は、公表されている有価証券報告書を確認すれば容易に知ることができますが、他企業と平均年齢が異なるので単純に比較することができません。
そこで当サイトでは、国の統計データ等を利用した独自の方法で公表平均年収を分析し、ANA(全日本空輸)の年収水準を直感的に理解できる3つの指標を算出することにしました。

公表平均年収から年齢別平均年収を推計する

まずはANA(全日本空輸)の平均年収について公表値の推移を確認してみましょう。

平均年収の推移

2010年03月 786万円(38.9歳・11,567人)
2011年03月 752万円(38.6歳・12,848人)
2012年03月 832万円(39.0歳・11,387人)
2013年03月 800万円(38.8歳・12,227人)

※有価証券報告書より。カッコ内は平均年齢・従業員数。

過去4年間における平均では、年収793万円、年齢38.8歳となります。

企業の平均年収は、経営状態や人事諸制度の改定、リストラなど様々な要因で変動するものなので、単年度のデータだけで判断するのではなく過去数年分の公表値も確認するほうが良いでしょう。

ANA(全日本空輸)は2013年4月1日を以て持株会社制へ移行したため平均年収等は公表されていません。上記数値は持株会社移行前の公表データです。
なお、2013年3月のデータについて職種別に分解すると次のとおりとなります。

運航乗務員(パイロット)が全体の平均を押し上げており、客室乗務の平均年収は、それほど高くないことがわかります。

それでは、過去平均の年収793万円、年齢38.8歳 を同業他社と比較するために、平均年収と平均年齢の散布図で各企業の数値をプロットしてみると次のようなグラフになります。

空運業界の平均年収分布

空運業界界でのANA(全日本空輸)の公表平均年収

ちなみに、業界の平均値は、平均年収628万円、平均年齢39.9歳です。

では、上記過去平均の数値をベースに、国の統計データに基づく賃金傾向を利用して年齢別平均年収を推計することにします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ANA(全日本空輸)の年齢別平均年収(単位:万円)

年齢年収月収賞与
30歳66746.3111.1
31歳68447.5113.9
32歳70148.6116.7
33歳71649.2125.2
34歳72749.9127.2
35歳73950.8129.3
36歳75151.6131.4
37歳76352.4133.5
38歳77853.0141.1
39歳79754.3144.6
40歳81655.6148.0
41歳83556.9151.5
42歳85458.2154.9
43歳87158.7166.1
44歳88759.8169.2
45歳90360.8172.2
46歳91961.9175.3
47歳93563.0178.3
48歳95063.2190.9
49歳96464.1193.8
50歳97865.1196.6

日本の企業の給与は、通常、年齢が高くなるごとに右肩あがりで金額が増加する傾向があります。この傾向を日本最大級の賃金調査である「賃金統計基本統計調査」(厚生労働省)を用いて業種別に割り出し、ANA(全日本空輸)の平均年収と平均年齢を基準に年齢別平均年収を算出しました。

なお、上記の数値は、公表平均年収を統計値に基づいて機械的算出したものなので、企業単位の人事諸制度の特徴により、実態との乖離が大きくなる場合があることを考慮してください。また、職種や役職の違い、人事評価、残業時間などの個別の状況によっても、当然平均年収が異なります。

上場企業内の年収ランキングを見る

年収ランキングを行うには、他社と年齢基準を統一して比較する必要があります。当サイトでは、上記で算出した30歳時点での推計平均年収667万円を基準として、上場企業内でのランキングを行っています。

上場企業 年収ランキング

第1位
空運業界界の年収階級別企業数分布

空運業界の上場企業7社を対象とした30歳時年収ランキングは第1位でした。また、グラフは、各企業の30歳時平均年収を25万円単位で区切ってグループ化した場合の企業数を表しています。

スポンサードリンク

同業ライバル企業の30歳時年収

年収水準を偏差値で確認する

ANA(全日本空輸)の年収水準は高いのか低いのか。これを判断するには、比較するグループ内での位置づけを調べる必要があります。このための指標として、年収偏差値を算出しました。

ANA(全日本空輸)の年収偏差値

社風や働く環境を確認する

募集職種は、総合職事務職(経営企画・財務・法務・総務・人事・広報・IT・マーケティングなど)、総合職技術職(整備計画の策定・航空機整備に関する技術的方針の決定・航空機部品の調達&管理など)、客室乗務職、運航乗務職(パイロット) です。

会社概要

ゼンニッポンクウユカブシキガイシャ
All Nippon Airways Co., Ltd.
https://www.ana.co.jp

全日本空輸株式会社は、ANAホールディングス株式会社の子会社で、国内線乗客数において日本最大。
事業内容は、1.定期航空運送事業、2.不定期航空運送事業、3.航空機使用事業、4.その他附帯事業です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

業種・業界別年収ランキング
水産・農林業 /  鉱業業 /  建設業 /  食品業 /  繊維製品業 /  パルプ・紙業 /  化学業 /  医薬品業 /  石油・石炭製品業 /  ゴム製品業 /  ガラス・土石製品業 /  鉄鋼業 /  非鉄金属業 /  金属製品業 /  機械業 /  電気機器業 /  輸送用機器業 /  精密機器業 /  その他製品業 /  電気・ガス業 /  陸運業 /  海運業 /  空運業 /  倉庫・運輸関連業 /  情報・通信業 /  卸売業 /  小売業 /  銀行業 /  証券業 /  保険業 /  その他金融業 /  不動産業 /  サービス業 / 
年齢別平均年収・給与(統計情報に基づく)
年収偏差値チェッカー
注目の企業
いすゞ自動車 年収トヨタ自動車 年収トヨタ車体 年収マツダ 年収本田技研工業(ホンダ) 年収アスモ 年収シマノ 年収オリンパス 年収キヤノン 年収リコー 年収