トヨタ車体の年収水準を直感的に理解できる3つの指標

就職・転職先を選ぶときに重視するポイントは人それぞれだとは思いますが、最低限、世間相場の年収水準は望みたいところです。トヨタ車体の年収情報は様々なサイトで掲載されていますが、多くの場合、他社や世間相場と比べて高いのか低いのか判断でません。
そこで当サイトでは、厚生労働省の統計情報等を利用した独自の方法で、トヨタ車体の公表平均年収を解析し、トヨタ車体の年収水準を直感的に理解できる3つの指標を算出することにしました。

公表平均年収から年齢別平均年収を推計する

まずはトヨタ車体の平均年収について公表値の推移を確認してみましょう。

平均年収の推移

2007年03月 748万円(37.3歳・11,325人)
2008年03月 743万円(37.2歳・11,564人)
2009年03月 718万円(37.2歳・11,586人)
2010年03月 645万円(37.1歳・11,852人)
2011年03月 670万円(37.6歳・11,694人)

※有価証券報告書より。カッコ内は平均年齢・従業員数。

過去5年間における平均では、年収705万円、年齢37.3歳となります。

平均年収は、企業の業績や人事給与制度の改定など様々な要素で増減するので、直近の金額だけで判断するのではなく過去の金額も確認することが重要です。

それでは、過去平均の年収705万円、年齢37.3歳 を同業他社と比較するために、平均年収と平均年齢の散布図で各企業の数値をプロットしてみると次のようなグラフになります。

輸送用機器業の平均年収分布

輸送用機器業界でのトヨタ車体の公表平均年収

ちなみに、業界の平均値は、平均年収584万円、平均年齢39.9歳です。

では、上記過去平均の数値をベースに、国の統計データに基づく賃金傾向を利用して年齢別平均年収を推計することにします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

トヨタ車体の年齢別平均年収(単位:万円)

年齢年収月収賞与
30歳57539.995.7
31歳59341.198.7
32歳61242.5101.9
33歳63043.3110.2
34歳64744.4113.2
35歳66545.7116.3
36歳68246.8119.3
37歳70048.1122.4
38歳72049.1130.6
39歳74350.6134.8
40歳76752.3139.2
41歳79153.9143.5
42歳81555.5147.9
43歳83856.5159.8
44歳86158.0164.2
45歳88459.6168.6
46歳90761.1173.0
47歳92962.6177.2
48歳94562.9189.9
49歳95463.5191.7
50歳96264.0193.4

日本の企業の給与は、通常、年齢が高くなるごとに右肩あがりで金額が増加する傾向があります。この傾向を日本最大級の賃金調査である「賃金統計基本統計調査」(厚生労働省)を用いて業種別に割り出し、トヨタ車体の平均年収と平均年齢を基準に年齢別平均年収を算出しました。

なお、上記の数値は企業が公表している平均年収を統計データに基づいて機械的に算出した数値なので、実態とは大きく異なることがあることをあらかじめご了解ください。例えば、年功序列の給与制度である場合、学歴により年収水準が大きくことなるかもしれません。また、年収には残業手当も含まれるので同じ会社内でも忙しい部署と暇な部署では、同年齢でも平均年収に大きな違いが生じる場合もあります。

上場企業内の年収ランキングを見る

年収ランキングを行うには、他社と年齢基準を統一して比較する必要があります。当サイトでは、上記で算出した30歳時点での推計平均年収575万円を基準として、上場企業内でのランキングを行っています。

上場企業 年収ランキング

第4位
輸送用機器業界の年収階級別企業数分布

輸送用機器業の上場企業110社を対象とした30歳時年収ランキングは第4位でした。また、グラフは、各企業の30歳時平均年収を25万円単位で区切ってグループ化した場合の企業数を表しています。

スポンサードリンク

同業ライバル企業の30歳時年収

年収水準を偏差値で確認する

トヨタ車体の年収水準は高いのか低いのか。これを判断するには、比較するグループ内での位置づけを調べる必要があります。このための指標として、年収偏差値を算出しました。

トヨタ車体の年収偏差値

会社概要

トヨタシャタイカブシキガイシャ
Toyota Auto Body Co.,Ltd.
http://www.toyota-body.co.jp/

トヨタ車体は1945年に設立された東証1部,名証1部に上場する会社です。
トヨタ車体の主な事業内容は車両であり、売上高構成比で約9割以上を占めています。それ以外の事業として、部品他が約1割となっています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

業種・業界別年収ランキング
水産・農林業 /  鉱業業 /  建設業 /  食品業 /  繊維製品業 /  パルプ・紙業 /  化学業 /  医薬品業 /  石油・石炭製品業 /  ゴム製品業 /  ガラス・土石製品業 /  鉄鋼業 /  非鉄金属業 /  金属製品業 /  機械業 /  電気機器業 /  輸送用機器業 /  精密機器業 /  その他製品業 /  電気・ガス業 /  陸運業 /  海運業 /  空運業 /  倉庫・運輸関連業 /  情報・通信業 /  卸売業 /  小売業 /  銀行業 /  証券業 /  保険業 /  その他金融業 /  不動産業 /  サービス業 / 
年齢別平均年収・給与(統計情報に基づく)
年収偏差値チェッカー
注目の企業
アステラス製薬 年収大鵬薬品工業 年収富士フイルムホールディングス 年収コニカミノルタ 年収JX日鉱日石エネルギー 年収JFEスチール 年収大同特殊鋼 年収クボタ 年収豊田自動織機 年収ダイキン工業 年収