エスペックの年収偏差値:54.5 年収ランキング:75位

年収は個人の実力次第。どんな会社に入社しても、そこで成果をあげなければ希望の年収は実現できない・・・確かにそのとおりであるが、そもそもの年収水準が高い企業に入社すれば、理想の年収を実現するハードルも低いはずです。
当サイトでは、エスペックへの就職・転職を考えている方のために、エスペックの年収水準を直感的に理解できる3つの指標を算出しています。

企業データ

  • 社名:エスペック
  • ヨミ:エスペックカブシキガイシャ
  • 英字:ESPEC CORP.
  • 業種:電気機器業
  • 所在地:大阪市北区天神橋3―5―6
  • 設立年月日:1954年1月13日
  • URL:http://www.espec.co.jp/
  • 売上高:25,786百万円
  • 従業員数:841人

公表平均年収の推移

エスペックの平均年収は、会社が公表している有価証券報告書を閲覧すれば確認することができます。先ずは、その公表平均年収の推移から見てみましょう。

平均年収の推移

2011年03月 607万円(41.3歳・865人)
2012年03月 674万円(41.8歳・857人)
2013年03月 666万円(42.2歳・844人)
2014年03月 664万円(42.7歳・826人)
2015年03月 694万円(43.1歳・815人)

※カッコ内は平均年齢・従業員数。

過去5年間における平均では、
年収661万円、年齢42.2歳となります。
スポンサードリンク

平均年収の推移と併せて、平均年齢や従業員数の推移も観察してみましょう。吸収合併や人員整理があれば、何か変化がみえるはず。経営構造の大きな変化は、その理由を確認しておくことは重要です。

電気機器業に属する企業の平均年収の分布

次に、上記で算出した過去平均の年収661万円、年齢42.2歳 を同業他社と比較するために、平均年収と平均年齢の散布図で各企業の数値をプロットしてみると次のようなグラフになります。

電気機器業界でのエスペックの公表平均年収

上場企業 電気機器業の平均年収は604万円、平均年齢は40.5歳です。

年齢別平均年収を推計する

では、上記過去平均の数値をベースに、国の統計データに基づく賃金傾向を利用して年齢別平均年収を推計することにします。

エスペックの年齢別平均年収(単位:万円)
年齢年収月収賞与
30歳49934.683.1
31歳51135.485.1
32歳52336.387.1
33歳53636.893.7
34歳55137.896.4
35歳56538.898.8
36歳58039.8101.4
37歳59540.9104.1
38歳60841.4110.3
39歳62142.3112.7
40歳63343.1114.8
41歳64644.0117.2
42歳65844.8119.4
43歳67045.1127.8
44歳68245.9130.0
45歳69346.7132.1
46歳70547.5134.4
47歳71648.2136.5
48歳72448.2145.5
49歳72848.4146.3
50歳73248.7147.1

なお、上記の数値は企業が公表している平均年収を統計データに基づいて機械的に算出した数値なので、実態とは大きく異なることがあることをあらかじめご了解ください。例えば、年功序列の給与制度である場合、学歴により年収水準が大きくことなるかもしれません。また、年収には残業手当も含まれるので同じ会社内でも忙しい部署と暇な部署では、同年齢でも平均年収に大きな違いが生じる場合もあります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

上場企業内の年収ランキングを見る

年収ランキングを行うには、他社と年齢基準を統一して比較する必要があります。当サイトでは、上記で算出した30歳時点での推計平均年収499万円を基準として、上場企業内でのランキングを行っています。

上場企業 年収ランキング

第75位
電気機器業の上場企業272社を対象とした30歳時年収ランキングは第75位でした。
電気機器業界の年収階級別企業数分布

グラフは、各企業の30歳時平均年収を25万円単位で区切ってグループ化した場合の企業数を表しています。

スポンサードリンク

同業ライバル企業の30歳時年収

年収水準を偏差値で確認する

エスペックの年収水準は高いのか低いのか。これを判断するには、比較するグループ内での位置づけを調べる必要があります。このための指標として、年収偏差値を算出しました。

エスペックの年収偏差値

残業時間、休暇

厚生労働省 女性の活躍推進企業データベース(H28年12月現在)によると、エスペックの一か月あたりの平均残業時間は、26.3時間
でした。
長時間労働是正のための企業の取り組みとしては以下のとおりです。
ノー残業デー、残業事前申請、フレックスタイム制
雇用区分ごとの一か月あたりの平均残業時間は、(正社員)26.3時間
(契約社員)6.9時間
(PT)0.9時間
(嘱託社員)6.1時間
でした。
有給休暇の取得率は、(正社員)58%でした。

スポンサードリンク

業種・業界別年収ランキング
水産・農林業 /  鉱業業 /  建設業 /  食品業 /  繊維製品業 /  パルプ・紙業 /  化学業 /  医薬品業 /  石油・石炭製品業 /  ゴム製品業 /  ガラス・土石製品業 /  鉄鋼業 /  非鉄金属業 /  金属製品業 /  機械業 /  電気機器業 /  輸送用機器業 /  精密機器業 /  その他製品業 /  電気・ガス業 /  陸運業 /  海運業 /  空運業 /  倉庫・運輸関連業 /  情報・通信業 /  卸売業 /  小売業 /  銀行業 /  証券業 /  保険業 /  その他金融業 /  不動産業 /  サービス業 / 
年齢別平均年収・給与(統計情報に基づく)
年収偏差値チェッカー
注目の企業
凸版印刷 年収大日本印刷(DNP) 年収サントリー酒類 年収味の素 年収朝日新聞社 年収三菱化学 年収東レ 年収旭化成 年収花王 年収武田薬品工業 年収